働きながら税理士に?専門学校や費用のノウハウを大公開

>

税理士になった後はどうする?

勤務税理士として活躍

税理士試験に合格し登録も済んで、やっとスタートラインに立てたのですがこれからどのような進路が待っているのでしょうか。
税理士と言っても必ずしも独立する必要はなく、事務所や企業と契約し専属税理士として活躍する事が出来ます。
企業税理士といって、その企業の経理や財務部門で働くのも良い方法です。ちなみに独立を目指す方も初めは勤務税理士として働くケースが多い様です。登録したばかりの税理士は知識があっても、実績や経験がないので仕事を覚える、または独立の前準備として働きます。
この場合、給与もやや安く400万円程度が相場です。しかし人脈や業務をスムーズにこなせるノウハウは、お金に換える事が出来ない程価値のあるものです。

独立するにはどうすればいい?

充分な経験、実績を積んだので思い切って独立したい。すでに税理士登録を済ませているのなら、後は事務所を契約すれば良いのです。
備品や手続きにかかる料金は200万円ほどですが、自宅兼事務所とする場合は備品と登録費だけで良いのでさほど費用が発生する事はありません。
独立した税理士が最初に行うのはクライアントへの営業です。お客様が来なければこちらは利益を出す事は出来ませんので、どの様な方法でも構いませんのでまず人脈と新規顧客を作るのが第一歩です。
その為、税理士としての勉強だけではなく集客方法やコミュニケーションスキルを磨いていると、後々苦労しません。SNSやサイト作成も必要ですのでITスキルがあると、よりスムーズです。


この記事をシェアする