働きながら通える税理士学校

働きながら税理士に?専門学校や費用のノウハウを大公開

税理士ってどんな職業?

全ての方が学生の頃に進路を決めるのではなく、社会人として働いているが夢を捨てきれないという方も多くいます。 特に税理士は安定した職業であり、且つ社会貢献の出来る仕事ですので社会人になってから目指す方も多い様です。 ここでは税理士になる為の、専門学校の情報を紹介しています。

社会人OK!税理士の専門学校とは?

年に1度の試験を目指して、多くの方が日夜勉強に励んでいる税理士の合格率は10~20%と低く、かなりハードルの高い資格と言われています。
国家資格である税理士試験はどこまでの範囲が出題されるのでしょうか?簿記論・財務諸表論・所得税法・法人税法・相続税法・消費税法・酒税法・国税徴収法・住民税・事業税・固定資産税に分かれていて、それぞれ深く知識をつけなければなりません。税理士試験に合格するまでに最低でも1~2年勉強する必要があり、モチベーションを維持するのは簡単な事ではありません。
しかしこの資格を取得すれば、税務に関する業務に就けるので安定した未来が待っています。税理士の年収は400~700万円程と凄く高額ではありませんが、人々が豊かに暮らしていく中で税務はなくてはならないものです。特に日本から税務が一切なくなるのはあり得ませんので、安定して仕事が出来るのもメリットの一つです。
学生の内から将来を見据えて専門学校や大学へ行く方もいますが、社会人として働いているがいつかは税理士として独立したいと考える方も多いです。その為には独学でも良いですが、専門学校で勉強する事で無駄な時間をカットし近道で合格出来ます。
ここでは税理士の専門学校にスポットを当てて紹介していますので、学生だけではなく社会人から税理士を目指す方にも役立つ情報です。ちなみに試験に合格した後の流れやプランについても紹介していますので、今後の計画を立てたい方にもおすすめです。

専門学校費用はどの程度?

独学よりもカリキュラムがしっかりしている専門学校ですが、費用はどの程度発生するのでしょうか? 独学で発生する費用と比較し、その上でなぜ専門学校は支持されているのかをピックアップしています。短期・長期コースによって費用が異なるので注意して下さい。

税理士になった後はどうする?

試験に合格し晴れて税理士になった!それはゴールではなくスタートラインに立ったばかりです。試験に合格した後は事務所に入って実務経験を積むのも良いですし、すぐに独立するのも良し。 ここでは税理士になった後に、どの様なステップを踏めば良いのか公開しています。